menu
close
Story

作家・藤澤智彦は悩んでいた。

何故なら、彼は全く書いたことのないサスペンス小説の執筆を引き受けてしまったのだ。

何日経っても、一向にアイデアは浮かんでこない。
それどころか根本的な描写の仕方すら分からない。
それ程、藤澤はサスペンスに疎かった。
そんな中、彼はとんでもない事を思い付く。

「そうだ! 嘘の殺人事件を起こして、人間のリアルな反応を見よう!!」

これでインスピレーションが湧かない筈は無い!

編集者の末国に協力を仰ぎ、人里離れたいかにもそれっぽいペンションを探し、 売れない役者を雇い、知人を招き、いざ計画を実行し、までは良かったが・・・

なんと、そこに本物の殺人鬼が現れた!!